古雜文庫

古雜文庫について

古雜文庫は、パブリック・ドメインとなったテキスト作品を電子書籍にして公開するという、ぼくの個人的な(ちょっとショボイ)プロジェクトだ。

著作物は、著作者の死後一定期間を過ぎると、著作権者の手を離れパブリック・ドメインとなる。そうなれば、誰もが自由にその著作物を複製したり、それを配布したりできる。そうして、先人の著作を誰もが利用できることで、公衆の利益につながるのだ。とはいっても、パブリック・ドメインの著作物のどれもが簡単に利用できるかというとそうではない。著名な著作家の作品なら出版されることもあるだろうが、多くの著作物がひと目にふれることなく埋もれてしまう。そこへインターネットという仕掛けが現れた。インターネットならば、パブリック・ドメインの作品をウェブにアップしとけば、多くの人が利用できる。そういうことを、インターネット黎明期にマイケル・ハートという人が思いついて、1971年にプロジェクト・グーテンベルグがスタートした。このネットでパブリック・ドメインを公開する活動は世界中に広まって、日本でも1997年に青空文庫が始動した。パブリック・ドメインは、ずっと昔からあった。でも、それは片隅でひっそりと息をひそめていた。それがインターネットによって一挙に花開いた。パブリック・ドメインは本当にインターネットと相性がいいんだ。

それで、ぼくもパブリック・ドメインのテキスト作品のネット公開に参加しようと考えた。だって、先人たちが残し、公有資産となったテキスト作品が、多くの人が読むことができるって、なかなか素晴らしいことじゃないか。ではどういう形でやろうかといろいろ考えた時に、Epub3で提供することを思いついた。Epub3は、電子書籍の仕様だし、対応するブック・ビュアーも多くなった。読んでもらうからには、電子書籍っていうのが一番読書に似つかわしい(PDFもあるが、あれは印刷して読む方に適していると思う)。Epub3は、思ったより簡単で、ぼくでも作れるのだ。ブック・ビュアーが無いと読めないという難点があったが、これも幸い松島智さんが公開しているBibiというスクリプトを利用してウェブ・ブラウザ上で読めるようセットできる。そういうわけで古雜文庫は、古い雑誌記事や古本の中のパブリック・ドメインになったテキストをEpubで提供するサイトなのだ。

古雜文庫の作成方針とか、古雜文庫でテキスト作品を読むにはどうすればいいのかとかは、下に書いてある。

古雜文庫の方針

対象物件
  • 古本屋で手に入れた古書、古雑誌などから、パブリック・ドメインとなったテキストを対象に電子書籍化する。国立国会図書館のデジタル・コレクションのものも対象とする。
  • ジャンルは特に限定せず、小説、詩歌といった文学的なものから、評論や雑文、ジャナリスティックなものまで雑多なものとする。
  • 雑誌連載物で継続が入手できない場合、連載途中の状態で収録する場合がある。
電子書籍のファイル形式
  • 収録している作品はEpub3.0で電子書籍化する。
  • Epub作成にあたっては、電書協EPUB3制作ガイドver.1.1.3を参考にし、そのスタイル・シートを利用する。
  • 作成したEpubはEPUBCheck4.2でチェックする。
表記について
  • 表記については、底本に従うことを原則とする。
  • したがって、現在では不適切な表現が含まれる場合も、底本のままとする。
  • 漢字の字体、仮名遣いも底本通りとする。但し旧漢字の一部でUTF-8に対応するグリフがない場合は、新字体を使用する。
  • 変体仮名は通常の仮名に改める。
  • 底本が総ルビの場合、必要なルビを残してパラルビとすることがある。また底本にルビがなくても、必要性があるときはルビをふることがある。
  • 明らかな誤植は特に断り無く修正する(場合によってママルビを付し〔〕内に訂正する場合もある)。
入力の正確性は無保証
  • 入力については自己チェックを行い注意を払っているが、あくまでも自己チェックにとどまり、青空文庫のように別の人が校正することをしていない。したがって、正確性については無保証とする。
  • 誤植等お気づきのことがあれば、info@kozats.main.jpに連絡していただければ幸甚である。
複製・再配布・ファイル形式の変換は自由
  • パブリック・ドメインとなったテキスト作品を電子書籍にしたものなので、複製、再配布、ファイル形式への変更、テキストの誤字・誤植の訂正、漢字体、仮名遣いの変更、ルビの追加・削除等の修正等は、断りなしに自由に行ってかまわない。
  • なおepubファイルは、エクステンションを.epubから.zipに変更してunzipすれば内容を見ることができる。メインとなるテキストはOEBPSフォルダの中のxhtmlフォルダの中にある。

古雜文庫の使い方

古雜文庫の基本構成は、【書籍カード】【著者カード】【本箱カード】という三種類のページと、【書籍一覧】【著者リスト】【本箱リスト】という三種類のリストからなっている。

【書籍カード】
  • 書籍カードは、古雜文庫の一番根幹をなすページである。
  • 表題、著者/訳者、底本、初出等の情報の下に【ダウンロード】と【ブラウザで読む】という二つのボタンがある。
  • 【ダウンロード】(赤ボタン)をクリックすれば、Epubファイルをダウンロードできる。Epub3の読めるブックリーダをお持ちなら、ダウンロードして読むほうが快適かも知れない。紀伊國屋書店のKinoppyはオススメである。Bibiをローカルで使う手もある。
  • 【ブラウザで読む】(青ボタン)をクリックすれば、別タブが開いて、Bibiを使ってオンラインで書籍を読むことができる。大抵のブラウザで対応していると思う。これで内容を見てからダウンロードするのもよかろう。
  • その下には、出だしの引用を置いている。メモにちょっとした情報をつけている場合がある。
  • 更新日はEpubファイルの最新更新日である。
【著者カード】
  • 著者カードには、本名、筆名、生没年、ちょっとした解説を書いている。
  • その下に、収録著作、収録翻訳を置いている。表紙画像をクリックすると、書籍カードへ飛ぶ。
  • 書籍の並べ方は原則として、発表年月順にしている。
  • 多数の筆名がある場合も、著者カードは一人に一つを原則としている。
【本箱カード】
  • 本箱カードはラベルのついた本を入れとく箱みたいなイメージのもの。
  • ラベルを主題とする書籍の表紙画像が並べてある。表紙画像をクリックすると、書籍カードへ飛ぶ。
  • 別に網羅性があるわけじゃない。それにラベルも適当。
【書籍一覧】
  • 書籍一覧は古雜文庫に登録している書籍の一覧である。これも表紙画像をクリックすると、書籍カードへ飛ぶ。
  • 並べ方は登録順で、組織だったものではない。
【著者リスト】
  • 古雜文庫に登録している著者のリストである。著者名をクリックすると著者カードへ飛ぶ。
  • 並べ方は五十音順である。
  • 複数の筆名がある場合は、各々登録しているが、リンク先の著者カードは一つである。例えば、折口信夫と釋迢空はそれぞれ別に登録している、リンク先は同一である。
【本箱リスト】
  • 本箱カードのリストである。著者名をクリックすると著者カードへ飛ぶ。並べ方は五十音順である。
歩き方
  • ナビのListsをクリックすると、書籍一覧、著者リスト、本箱リストというリンクがある。まあ、そこが出発点。
    • 書籍一覧をクリック ➡ 書籍一覧 ➡ 書籍カード ダウンロード or 閲覧
    • 著者リストをクリック ➡ 著者リスト ➡ 著者カード ➡ 書籍カード ダウンロード or 閲覧
    • 本箱リストをクリック ➡ 本箱リスト ➡ 本箱カー ➡ 書籍カード ダウンロード or 閲覧
  • 普通には 著者リスト ➡ 著者カード ➡ 書籍カード ➡ ダウンロード or 閲覧 という流れかな。