古雜文庫

図書カード

正宗白鳥:水不足

表 題 水不足
著 者 正宗白鳥
底 本 「改造」第七卷第十號(1925年10月1日 改造社刊)
初 出 同上
更新日 2022/01/26

「ダウンロード」をクリックすると、EPUBファイルをダウンロードできます。EPUB対応のブック・ビューアがあれば、こっちの方が快適かもしれません。 「ブラウザで読む」をクリックするとウェブ・ブラウザ上で読めます。ブック・ビューアのない方、手っ取り早く中身を見たい方は、こちら。
誤字・脱字等のご指摘はinfo@kozats.main.jpまで。

 この土地には水が缺乏してゐる。震災後は殊にひどくなつた。地盤が動搖して水脉が狂つたのか、多くの井戶が涸れてしまつた。昔から、どんな旱魃が續いた時にも、水量の減じたことのないと云はれてゐた山ノ手の大井戶でさへ、一月十五日の二度目の大地震のためにすつかり調子を狂はせて、稍々もすると、乾枯びた底を見せるやうになつた。他所の井戶で貰ひ水の出來ない家では、夜の明けないうちから、汲みに出掛けた。
 雨の少かつた去年の冬から此年の春にかけては、下町にある四五軒の湯屋は屢々休業した。辛うじて營業を續けてゐた家でも、時間を縮めたり湯水を惜しんだりした。それで、淸潔な湯に氣持よく入りたい者は、汽車に乘つて平塚まで入浴に行くやうになつた。
「冬だからまだどうにか間に合つてるが、夏場に大勢の避暑客がやつて來たらどうするだらう?」と、私は氣遣つてゐた。
 私の家には井戶がなかつた。何時まで此處に住むか分らないのに、借りてゐる地所に井戶を鑿るのは馬鹿げてゐるし、ことに私の家の建つてゐるあたりは、地下が岩石なのだから、井戶の鑿賃が高い上に、鑿つても水が出るか出ないか、はつきり分らないと云はれてゐた。しかし、下が岩石で固められてゐたからこそ、あの激震に會つても家屋の崩壞を免れて、生命を全うすることが出來たので、さう思へば水の不自由なくらゐは忍んでもいゝのであつた。
「水が充分にありさへすれば、この土地もいゝんだけれど」と、妻はつねに零してゐた。水に富んでゐる土地から來た知人にも屢々訴へた。