古雜文庫

図書カード

釋迢空:童話

表 題 童話
著 者 釋迢空
底 本 『自由詩人』第四卷第一號(1949年1月1日 自由詩人社刊)
初 出 同上
更新日 2022/03/01

「ダウンロード」をクリックすると、EPUBファイルをダウンロードできます。EPUB対応のブック・ビューアがあれば、こっちの方が快適かもしれません。 「ブラウザで読む」をクリックするとウェブ・ブラウザ上で読めます。ブック・ビューアのない方、手っ取り早く中身を見たい方は、こちら。
誤字・脱字等のご指摘はinfo@kozats.main.jpまで。

 午砲の 大きな音で、
耳を つきぬかれたやうになつて、
子どもらは、晝飯から 戾つて來た。

兄が言つた。
 汝等 大きくなつたら、
  何になりたい。
  よう お前は何になりたい。
順ぐりに問ひを 廻した。
二番目の兄 三番目の兄
それから、近所の子
出入りの者の 子どもたちにも