古雜文庫

図書カード

伊東靜雄:わが家はいよいよ小さし

表 題 わが家はいよいよ小さし
著 者 伊東靜雄
底 本 『文藝』第九卷第一號(1941年1月1日 改造社刊)
初 出 同上
更新日 2022/03/06
備 考 後に第三詩集「春のいそぎ」及び第四詩集「反響」に収められている

「ダウンロード」をクリックすると、EPUBファイルをダウンロードできます。EPUB対応のブック・ビューアがあれば、こっちの方が快適かもしれません。 「ブラウザで読む」をクリックするとウェブ・ブラウザ上で読めます。ブック・ビューアのない方、手っ取り早く中身を見たい方は、こちら。
誤字・脱字等のご指摘はinfo@kozats.main.jpまで。

耳原の三つのみささぎつらぬる岡の邊の草
ことごとく黃とくれなゐに燃ゆれば
わが家はいよいよ小さし そを出でてわれの
あゆむ時多し